カルシウムのサプリメントを利用した時の副作用について

健康のためにと、カルシウムのサプリメントを愛飲している人は大勢いますが、副作用のリスクを把握しているでしょうか。適量なら体にいいサプリメントでも、たくさん飲み過ぎると体に悪影響を及ぼすことがあります。体のためにいいと思ってカルシウムのサプリメントを利用していたところ、飲み過ぎで体調を悪くしてしまうということもあります。高カルシウム血症は、大量のカルシウムを摂取しすぎて、身体が処理しきれなくなった時に起きます。長期にわたって大量のカルシウムを摂取し続けた結果、血液中のカルシウムが多くなりすぎてしまうという症状のことです。高カルシウム血症は、軽いうちは嘔吐感や倦怠感くらいで済みますが、症状が進むと吐き気がひどくなり、中枢神経にトラブルが起きたりもします。サプリメントを過剰に摂取したことが原因で、尿路結石の症状が起きるという話も少なくないようです。体内に欠乏している時は吸収率が高くなり、そうでない時は吸収率が下がるのが、カルウシムの特徴です。カルシウムの摂取量は、どんなに多くても2300mg/日を上限とすることです。それを守っていれば、ずっと飲み続けいていても、せいぜい尿路結石の可能性が少し高くなるくらいです。とはいえ、牛乳を1パック毎日飲み続けたとしても、カルシウム摂取量は上限の半分くらいですので、特段心配することはありません。現代の食生活を考えると、カルシウム過剰状態よりは、カルシウム不足を警戒するべきなのですが、サプリメントを利用すると、一気にカルシウムの摂取量がはね上がります。サプリメントに含まれているカルシウムは多いので、例えば食事で摂取したカルウシムの量が多かったなと思ったら、サプリメントを控えるなどの調節が必要になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です